ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.11.01 Wednesday

雪囲い。

yukikakoi

 

紅葉を待たずに、

雪囲いされました。

米沢では、各家々で雪囲いをお願いする

造園さんや職人さんがいて、

雪が降る前には完成しています。

今年は、いちばん早いタイミングで

雪囲いをしていただくことになり、

色づく木々は見えますが、

もう少し深まる秋を楽しみたいところでした。

 

おしょうしなっし。

 

BENIBANA NITTA

 

2017.10.29 Sunday

柿。

kaki

 

朝いちばんに、社屋前の柿を数人で収穫。

昨年は不作でしたが、今年は豊作。

スタッフ一人に60個ずつ渡せました。

渋柿なので、渋抜きをしないと食べれませんが、

その手間もこれだけあると嬉しい手間に。

季節のくだもの楽しみましょ。

 

おしょうしなっし。

 

BENIBANA NITTA

 

 

 

2017.09.25 Monday

お彼岸。

higanbana

 

今年もお彼岸に咲いている彼岸花。

夏は、雨が多くて涼しかったけれど、

やっぱりこの時期にちゃんと咲く。

 

また来年。

会いましょう。

 

おしょうしなっし。

 

BENIBANA NITTA

 

2017.08.30 Wednesday

はす。

lotus

 

上杉神社の蓮が、とても美しく咲きはじめました。

今年は、不安定なお天気が続き、

秋の気配を感じるなかでの 開花です。

 

お盆前からカラっとした晴天はほとんどなく、

米沢は、夏らしくない夏でした。

 

これからは実り多き秋。

秋晴れを期待します。

 

おしょうしなっし。

 

BENIBANA NITTA

2017.08.10 Thursday

お盆休みのお知らせ。

いつもありがとうございます。

 

8月11日(金)〜16日(水)

お盆休みとさせていただきます。

 

オンラインショップのご注文は 17日(木)からの

受付とさせていただきますので、予めご了承ください。

 

皆さま、よいお盆をお過ごしくださいませ。

 

おしょうしなっし。

 

BENIBANA NITTA

2017.07.10 Monday

御礼。

benibana

 

べにばなSAI・2017

今年も多くのお客様にお越しいただき

ありがとうございました。

 

今年は紅花の開花が遅れており、

満開の紅花をお見せできず、

花摘みをして頂けず、申し訳なかったですが、

お越し頂いた皆様が笑顔で

お帰りいただき、本当にうれしっかったです。

心より御礼申し上げます。

おしょうしなっし。

 

BENIBANA NITTA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.06.23 Friday

さくらんぼ。

sakuranbo

 

さくらんぼの季節。

美しく輝いています。

 

一つぱくり。

もう一つ、もう一つ。

止まりません。。

 

見た目に可愛くて

美味しくて

にんまりしてしまいます。

 

おしょうしなっし。

 

BENIBANA NITTA

 

 

2017.06.08 Thursday

べにばなSAI 2017

 

benibanasai2017

 

いつもありがとうございます。

今年も べにばなSAIを開催させていただきます。

リピーターの方、初めての方にも喜んでいただける

楽しい内容になっております。

是非、お気軽にあそびにいらしてください。

 

おしょうしなっし。

 

BENIBANA NITTA

2017.05.24 Wednesday

つつじ。

つつじ

 

つつじがきれいです。

色とりどりのつつじ

庭に咲くと、緑のなかに映えて

とても良いですね。

これから暫らく楽しませていただきます。

 

おしょうしなっし。

 

BENIBANA NITTA

2017.05.01 Monday

鯉のぼり。

koinobori

 

五月晴れ。

空高く、屋根より高い鯉のぼり。

昔に比べ、少なくなってきたようですが、

季節の風物詩。みんなで楽しみましょう。

 

鯉のぼりは、江戸時代に町人階層から生まれた節句飾り。

鯉は清流はもちろん、池や沼でも生息することができる、

非常に生命力の強い魚。その鯉が急流をさかのぼり、

竜門という滝を登ると竜になって天に登るという中国の伝説にちなみ

子どもがどんな環境にも耐え、立派な人になるようにとの

立身出世を願う飾りです。 【日本人形協会HPより】

 

おしょうしなっし。

 

BENIBANA NITTA

Powered by
30days Album